スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルからコンクリ落下、女性けが=JR池袋東口―東京(時事通信)

 21日午後4時35分ごろ、東京都豊島区東池袋で、「がれきがビルから落ちてきた」と110番があった。警視庁池袋署によると、都内の20代女性が肩と腰にがれきが当たるなどして軽傷を負った。
 同署は業務上過失致傷の疑いもあるとみて調べている。
 同署によると、ビルは8階建てで、4階ぐらいの高さからビルの一部とみられるコンクリート片が落下した。付近の路上には縦約20センチ、横約10センチのコンクリート片数個が散らばった。ビルは改修工事中で、外周に足場が組まれていた。 

国交省職員を駅員暴行の疑いで逮捕(産経新聞)
<児童ポルノ>削除要請など待たず迅速遮断 政府総合対策案(毎日新聞)
気候変動「重要な課題」=皇太子さま、アフリカシンポで(時事通信)
加藤一二三氏 控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ(毎日新聞)
真夏日 群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
スポンサーサイト

小掛照二さん 東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)

 陸上の男子三段跳び元世界記録保持者で、9日に肝不全のため77歳で亡くなった小掛照二さんの葬儀が14日、東京都港区南青山の青山葬儀所で営まれた。日本陸上競技連盟や日本オリンピック委員会(JOC)の副会長も務め、選手強化に尽力した小掛さんを悼み、陸上関係者ら約400人が参列した。

 葬儀委員長を務めたJOCの竹田恒和会長や、桜井孝次・日本陸連名誉副会長が弔辞を述べた後、特にマラソン強化に力を注いだ小掛さんへの感謝の手紙が披露された。84年ロサンゼルス五輪女子マラソン代表の増田明美さんは「(途中棄権した)五輪の後、心が折れた私は小掛さんから米国留学の話をいただき、明るさを取り戻せた」とつづった。00年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さんは「98年のアジア大会では30キロ地点で両手に日の丸を持って声援をいただきました。シドニーの金も小掛先生の情熱があったから取れました」としたためた。手紙は遺族に贈られ、棺に納められた。【井沢真】

【関連ニュース】
Qちゃんファーム:高橋尚子さん、北海道で野菜づくり
東京マラソン:運営の財団法人設立へ
葬儀:小掛照二さん=元JOC委員会 14日、東京で
訃報:小掛照二さん77歳=三段跳びで世界記録を樹立
JOCスポーツ賞:浅田真央が最優秀賞

通販窃盗容疑6人逮捕 中国サイトでカード情報1800件入手か(産経新聞)
「母の日のプレゼント代に」遊戯王カード盗む(読売新聞)
<PCB特措法違反容疑>資材置き場など捜索 岐阜県警(毎日新聞)
ログハウス がん手術2度乗り越え、夢実現へ 愛知の男性(毎日新聞)
乗鞍スカイライン 除雪終え半年ぶり開通 岐阜・高山(毎日新聞)

踏切作動せず列車通過=別の駅ではオーバーランも-JR九州(時事通信)

 8日午後1時40分ごろ、福岡県久留米市田主丸町地徳のJR久大線の踏切で、遮断機や警報機が作動しないまま列車が通過するトラブルがあった。付近に車や通行人はなかった。JR九州が原因を調べている。
 同社によると、現場は田主丸駅から約2.5キロ離れた踏切。上り普通列車(1両)の運転士は直前で遮断機が下りていないことに気付いたが、時速約80キロで走っており停止は無理と判断し、隣駅に到着後に報告したという。
 一方、同県宗像市の鹿児島線赤間駅では午後5時25分ごろ、小倉発博多行きの下り特急「きらめき5号」(6両編成)がホームから約150メートル行き過ぎて停車した。男性運転士(48)が通過駅と勘違いしたといい、同駅で乗降予定だった乗客10人余りについては、次の東郷駅に臨時停車するなどして対応した。同社広報室は「運転士に対する指導を徹底し、再発防止に努める」としている。 

両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
<訃報>平野勇夫さん85歳=元毎日新聞取締役編集主幹(毎日新聞)
ヤフーと中国最大手 ネット通販を一体化(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。