スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000万ドルの夜景に新シンボル=タワー改修、LED7000個-神戸(時事通信)

 「1000万ドルの夜景」とも呼ばれる神戸港のイルミネーション。そのシンボル「神戸ポートタワー」(高さ108メートル)で約7000個のLED照明を使ったライトアップが26日夜、披露された。タワーの改修は1992年以来。
 タワーを管理している神戸港振興協会によると、ポートタワーは開港90周年の記念事業として63年に建立された。従来はタワーを下から照らすライトアップだったが、今後はLED照明でさまざまな色やデザインを浮かび上がらせることができ、イベントや季節に応じ使い分けるという。
 この日はハート型など約40種類の光のパターンを2分おきに実演した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕姫路城
水面に映る150本の桜=長野県須坂市〔地域〕
夜の美術館にイルミネーション点灯=山梨県富士河口湖町〔地域〕
日本館、ライトアップ=上海万博
巨大アヒル再び=大阪市〔地域〕

タクシー襲い、売上金強取=男3人逃走、運転手重傷-警視庁(時事通信)
<グループホーム>6割がスプリンクラー未設置(毎日新聞)
<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)
地域政党 「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
バンコクへのツアー中止=危険情報引き上げで-JTB(時事通信)

【from Editor】アートが語る日米の絆(産経新聞)

 東京・赤坂の米大使公邸が今月から日本人作家の作品を集めた「現代美術館」となっている。

 「時を越えた繋(つな)がり」と題した展示がスーザン・ルース駐日大使夫人の発案で行われているのだ。自国文化の発信地ともなる大使館や大使公邸で自国以外の作家の作品を一堂に展示するのは珍しく、これだけの日本人作家(1人は米国籍)の作品を同時期に集めたのは米大使公邸でも初めてという。

 選ばれたのは、留学や在住など何らかの形で米国と接点をもつ10人だが、それだけが基準だったわけでは、もちろんない。作品を結ぶ共通のコンセプトは「時間」だ。時間。この場所でそれを考えれば、自然と日本と米国の間に流れる時間、「繋がり」に思いが至る。今年は日米安保改定50年という節目の年でもある。

 そして作品はさまざまな形で「繋がり」を表現していた。展示を監修したロジャー・マクドナルド氏が言うように「アートだからこそ語れる言葉」にあふれていた。

 たとえば、日米を拠点に活躍するシンゴ・フランシス氏が描いたのは水平線のように伸びる2本のライン。一方は西から他方は東から近づき、日米の邂逅(かいこう)と永続する関係が暗示されている。

 米国の調度に囲まれたレセプションルームで異彩を放っていたのは沖縄県出身の照屋勇賢氏作の紅型(びんがた)着物だ。花と鳥とパラシュート隊、ジュゴンとオスプレイ輸送機が色鮮やかに描かれ、豊かな自然と米軍基地が共存する沖縄が凝縮されていた。

 「戦後65年がたち、基地は沖縄文化の一部としても存在しているのでは」と語る照屋氏は「沖縄の現実が大使公邸で美術を通して受け入れられたと考えています。難しい政治問題も形を変えることで皆で共有できるチャンスがあることを大使夫人は意図して紹介してくれたのでしょう」と歓迎した。

 実際、「大使夫人はどう受け取るだろうか」と危惧(きぐ)する声もあったようだが、夫人は「今の沖縄にあるものが映し出されている」と評価し、展示を決めたという。

 世代も芸術観もそして、恐らく対米観も異なるであろう作家たちの作品が「日本の中の米国」で不思議に調和していたのは、「成熟した関係」と日米を楽観的にとらえる大使夫人の視点が貫かれているからだろう。場所柄、一般公開されないのは残念だが、展示にふれた多くの人が両国の「繋がり」を新鮮な形で感じるに違いない。(副編集長 長戸雅子)

<京急線>生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
橋下新党・大阪維新の会が発足(産経新聞)
<名古屋・河村市長>持論展開「減税しないと天下り天国に」(毎日新聞)
議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連(医療介護CBニュース)
普天間 徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府(毎日新聞)

民主・鹿児島県連、徳之島移転案の撤回要求(読売新聞)

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、民主党鹿児島県連は17日夜、鹿児島市内で緊急常任幹事会を開き、政府が検討している鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転案について、政府に撤回を求めることを決めた。

 県連幹部によると、夏の参院選を前に、徳之島をはじめとする奄美群島などで民主党に対する反発が強まっており、県連内部でも移設について地元に説明しない政府に批判が上がっている。

 県連関係者は「地元の意向を踏まえたうえで、県連として白紙撤回を求めていく」と話している。

高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
消費税、14日に議論=逆進性対策などテーマに-税調専門家委(時事通信)
保健師個人を対象とした初の全国調査―日看協(医療介護CBニュース)

<上関原発>島民らの妨害を禁止 山口地裁支部(毎日新聞)

 中国電力が山口県上関町で進めている原子力発電所の建設計画を巡り、山口地裁岩国支部(大島雅弘裁判官)は、反対派による沖合埋め立て工事の妨害を禁じ、続ける場合は1日当たり500万円の支払いを命じる決定を出した。1982年に建設計画が浮上後、原発反対運動を続けてきた上関町祝島の島民らに幅広く工事の妨害行為を禁じる内容で、島民らは反発している。

 中電によると、決定は3月31日付。地裁岩国支部は、祝島がある上関町の住民団体「上関原発を建てさせない祝島島民の会」と39人の会員に、工事の妨害行為を禁じる決定を1月18日付で出していたが、今回の決定で会員らによる異議申し立てを却下。併せて、同会と会員ら39人に埋め立て工事が終わるまで一切の妨害行為を禁じたうえで、1人でも違反した場合は、連帯して1日500万円を支払うよう命じた。

 中電側は、反対派の妨害で工事が遅延した場合、作業船の待機費用などで1日あたり約936万円の損害が生じると主張。反対派が決定に従わず工事を妨害することを想定し、同額の支払いを求める間接強制の申し立てをしていた。決定を受け、中電は2日、「今後、工事に対する一切の妨害行為を止めていただけるものと考えている」というコメントを出した。

 これに対し、同会の山戸貞夫代表は「裁判官は、今まで生活してきた島のすぐそばに原発ができてしまう島民の思いや生活について判断していない」と強い怒りをにじませた。【小中真樹雄】

【関連ニュース】
山口・上関原発建設計画:説明会阻止される
原発事故速報:県、愛媛・山口に要請 伊方65キロ、上関35キロ /大分
山口・上関原発建設計画:祝島説明会、抗議で断念 中国電社長「残念だ」 /広島
上関原発建設計画:祝島説明会 150人抗議、連日阻止 /山口
上関原発建設計画:祝島の説明会中止 反対派「今さら話すことない」 /山口

姫路城大天守しばしの別れ、桜楽しむ長い列(読売新聞)
<京浜東北線>線路に男性侵入、6万人影響 埼玉・北浦和駅(毎日新聞)
<首相・閣僚会見>(1)開放機運広がる 回数減らす動きも(毎日新聞)
<クラゲ展示>ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる(毎日新聞)
首相動静(4月8日)(時事通信)

与謝野元財務相 新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ(毎日新聞)

 自民党の与謝野馨元財務相と無所属の平沼赳夫元経済産業相が新党結成で合意したことが3日、明らかになった。代表には平沼氏が就任し、与謝野氏も同格のポストに就く見通し。与謝野氏は3日、自民党本部で谷垣禎一総裁に7日付の離党届を提出し、記者団に「間延びしないようになるべく急いでやりたい」と旗揚げを急ぐ考えを示した。園田博之前幹事長代理も離党して新党に参加する。

 与謝野、平沼、園田氏と自民党の藤井孝男元運輸相は5日会談し、新党結成の準備を本格化する。藤井氏は3日、岐阜市内で記者団に「新しい体制の中でやることも自民再生の道としてはあるのではないか」と述べ、新党参加に前向きな姿勢を示した。

 与謝野、平沼両氏の関係者によると、新党は週内にも、政党要件を満たす国会議員5人で発足する。今夏の参院選では、昨年の衆院選で落選した橋本大二郎前高知県知事らの擁立を検討している。

 谷垣氏は3日、与謝野氏との会談で「民主党を追い詰めるという目標は同じ。何か一緒にできる道はないか」と真意を探ったが、与謝野氏の離党の意思は固く、慰留しなかった。ただ、与謝野氏は「自民党分裂とはとらえないでほしい。一人の与謝野馨が去ったと考えていただいた方がいい」とも述べ、自民党議員への離党の働きかけは否定した。

 与謝野氏の離党を受け、大島理森幹事長は福岡県筑紫野市で記者団に「すでに雑誌等でかなりはっきりおっしゃっているので、予想された範囲という受け止めをする人が多いのではないか」と述べ、党内への影響は少ないとの見方を示した。与謝野氏らとの連携を模索する鳩山邦夫元総務相は同県久留米市で「そういう方向に行くのではないかと期待している」と語った。

 一方、鳩山由紀夫首相は視察先の大津市で記者団に「自民党もたいへんだなあという思いはあるが、それぞれの政治家が政党活動をするのは一人一人の信念の話だから、今の立場からコメントすることはない」と語った。【野原大輔、岡大介、松尾雅也】

【関連ニュース】
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」
与謝野元財務相:離党届を提出 新党結成へ動き活発化
自民:新党結成の動き本格化 分裂に現実味
与謝野氏:新党結成へ、来週にも離党 平沼氏と会談
自民党:「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も

「与謝野新党」来週にも 邦夫・平沼氏、合流へ(産経新聞)
ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け-消費者庁(時事通信)
小沢氏、資産報告を訂正=都内の不動産記載漏れ(時事通信)
北沢防衛相「頭越しに決めない」=普天間で沖縄知事と会談(時事通信)
<掘り出しニュース>ジェフリーさん、宮本常一の「忘れられた日本人」を米国で出版(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。